Hobby JAPAN 3月号で宇宙戦艦ヤマトメカコレ特集

久しぶりの模型誌情報です。発売中のHobby JAPAN 2016年3月号で宇宙戦艦ヤマト2199のメカコレクションだけで13ページ載っています。通常の作例のほか電飾したものやヴィネットも。ぱっと見ただけではメカコレとは思えないような作例です。

ところで筆者はヴィネットという言葉をこれで知りました。小型のジオラマのことなんですね。多分サイズ的なことではなくて情景のなかでもさらにピンポイントに絞ったジオラマやあまり懲りすぎないジオラマといったところでしょうか?

メカコレはお値段も400円ほどでサイズも小さいのでこういったジオラマ作成のほか各種改造・改修の初心者が経験を積むにもいいプラモデルかもしれません。

あとそろそろ新作が出て欲しいですね。

関連していそうな記事

  1. 宇宙戦艦ヤマト2205新たなる旅立ちに登場する3艦艇プラモデルの予約受付が始まってます2021年06月24日(木)
  2. 宇宙戦艦ヤマト2205登場艦艇3種(ド級補給母艦アスカ、デウスーラIII世、多層式航宙母艦バルメス)のプラモデル発表!2021年05月14日(金)
  3. アシェット「アンドロメダ」が宇宙戦艦ヤマトの延長として登場!2021年03月12日(金)
  4. メカコレ アンドロメダブラックが9月に発売!各ショップで予約受付中2020年04月23日(木)