トピックス 宇宙戦艦ヤマト

メカコレクション ドレッドノート級が単艦で6月に発売

現在発売中のメカコレクションドレッドノート級は2艦のセット(2種類)ですが、6月に通常のメカコレクションのように単艦で発売されることになったようです。

単純に単艦になっただけではなく1/1000アンドロメダとのジョイントパーツが付属します。新たに穴を開けることなく接続できると思われます。
劇中のシーンを再現するのが簡単になりますがそのためにはやっぱり2個必要ですね。すでにドレッドノート級セットがあるならばもちろんそれを使ってもいいですが。

そこまでしなくても、メカコレ ドレッドノート級はひとつあればよかったという方にも買いやすくなりますね。

2018年8月に演奏された交響曲宇宙戦艦ヤマト(オリジナルエンディング版)がCD化。4月17日発売!

表題通り2018年8月25日にミューザ川崎シンフォニーホールで演奏された交響曲宇宙戦艦ヤマトがCD化されて4月17日に発売されます。またハイレゾ音源も同日配信されます。

交響曲宇宙戦艦ヤマトは完結編公開当時の初演版CD復活編公開の頃の演奏版CDの2種類が発売されましたが、これに続く3度めのCD発売となります。同じ内容なのかというとそうではなくエンディングが作曲した羽田健太郎氏オリジナルスコアによる演奏になっています。指揮は初演時から努めている大友直人氏です。

2018年8月演奏時はCDになるという話はなかったと思うのですが宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 公開のタイミングでCD発売の発表ですね。

ブックレットには新たなライナーノーツや直筆スコアの写真も数点掲載されるということでこれらの資料性という意味でも必須アイテムと言えそうです。

宇宙戦艦ヤマト2202第七章「新星篇」劇場上映開始!

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星篇」の劇場上映が始まりました!

デウスーラでの攻防はどうなるのか。ガトランティス、ガミラス、地球の戦いはどうなるのか。ズォーダーと古代の対決はどうなるのか。

第七章の予告編では「さらば宇宙戦艦ヤマト」のようなシーンがありましたが「あらゆる予想を覆し」たラストがどうなったのかは劇場で!


上映予定だったTOHOシネマズ海老名は昨日2月28日から急遽防災設備の点検のため営業中止になり3月1日時点で再開の見込みが立っていないようです。情報はTOHOシネマズ海老名のHPで。
3月2日朝から営業再開しています。

宇宙戦艦ヤマト2202第七章「新星篇」冒頭9分公開!

宇宙戦艦ヤマト2202第七章冒頭9分

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章「新星篇」の冒頭9分が期間限定で公開されました!

https://youtu.be/XHoOi1VoP50

デウスーラ艦内でのデスラー、キーマン、ミル、古代。自分の正体を知った斉藤に言葉をかける永倉。そして森雪のとった行動。

ここから2202の結末に向かってどうなっていくのでしょうか。

宇宙戦艦ヤマト2202第六章までのダイジェスト

同時に第六章までのダイジェストも公開されました。

ダイジェストというよりこれまでのお話を振り返った沖田の語りになっていますが最終章を迎えるにあたっての2202のテーマの確認といったところでしょうか。

その他関連情報

週ごとの先着入場者プレゼントの内容、ライブビューイングがあったり二週目にも開催が決まった舞台挨拶、旧譜購入キャンペーンなどの情報が発表になっています。詳細は公式サイトへ。


ついに最終章となる宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち。公開は3月1日から!

宇宙戦艦ヤマト2202第七章「ヤマトより愛をこめて」真実のラストPVが公開!

第七章上映記念真実のラストPV

宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第七章 新星篇のあたらしいPV「ヤマトより愛をこめて」真実のラストPVが公開されました!

第七章の主題歌は「ヤマトより愛をこめて」なのでちょっとびっくり。3月2日発売の主題歌集の曲目リストに第七章の主題歌がないなと思ったらこういうことだったんですね。

そして本編映像ですが2202ならではシーンがありながらも原典の”さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち”を想起させるシーンもまた多数あります。2202では初登場のあの艦もありますね。

これまで以上に戦いは激化していてヤマトが本当にボロボボロに。 ”さらば”の雰囲気が濃い目なだけに登場人物の生死が、そして決着の付け方が心配になります。でも「あらゆる予想を覆し」でもあるのでほんとどういうことになるのでしょうか。

舞台挨拶情報

また舞台挨拶の情報も公開されました。初日3月1日は新宿ピカデリーで、3月2日は丸の内ピカデリーで行われます。

物販商品情報

劇場物販グッズも多数公式サイトで公開されています。

シド・ミード展でYAMATO2520関連の展示あり!ポストカード付き前売りチケットも発売!

シド・ミードさんといえばSF系映画でのメカデザインなどで有名であり、YAMATO2520のヤマトのデザインもされました。

そのシド・ミード展が2019年4月27日から5月29日までアーツ千代田 3331で開かれます。その中でYAMATO2520に関する展示も行われます。

たくさんのシド・ミード作品のひとつとしてYAMATO2520関連もしっかり展示があるのは嬉しいですね。かなり主要な作品扱いのようです。

いくつかある特典付き前売りチケットのひとつとしてYAMATO2520のイラスト5点のポストカードセット付きも発売されます。(前売りチケットは2月16日午前10時から発売)

YAMATO2520は完結せずに動きがなくなってから何年も経ちましたがこうして新たな話題があるなんて嬉しいです。シド・ミード展に関しては次回というものは期待できないらしいのでこの機会を逃さないようにしたいですね。

宇宙戦艦ヤマト2202第七章60秒予告編が公開されました!

ついに最終章!宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第七章「新星篇」の60秒予告編が公開されました!

原典の”さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち”と同じセリフがありながらシーンとしてはほぼこれまでにないものですね。戦闘シーンもヤマト側ガトランティス側ともに大変なことになっています。
「あらゆる予想を覆し」というコピーがこの予告編にも使われています。最後はどんな展開でどんな結末を迎えることになるのでしょうか。

宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち第七章「新星篇」は2019年3月1日上映開始!

メカコレクション ブラックバードセットが4月に発売

3月に1/72無人戦闘機ブラックバードが発売されますが、さらにメカコレクションのブラックバードも4月に発売決定です!

1/72ブラックバードは無人機と加藤機の選択式ですが、メカコレクションは2機セットで”無人機×2″とするか”無人機+加藤機”とするかの選択式になってます。

2199のコスモゼロを黒色にしただけではなくミサイルポッドが新規造形となっています。

ブラックバードは1/72とメカコレクションの両方が揃いました。コスモタイガーIIはいまのところメカコレクションのみなので1/72でも発売されることを期待したいですね。

宇宙戦艦ヤマト2202「全記録集」「小説版第4巻」「OUT宇宙戦艦ヤマト2202特集号」

宇宙戦艦ヤマト2202 全記録集 設定編

宇宙戦艦ヤマト2202公式サイトではまだ案内がありませんが、KADOKAWAのサイトでは宇宙戦艦ヤマト2202全記録集の発売が告知されています。そして通販サイトでの予約受け付けが始まっています。

  • 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち -全記録集- 設定編 上巻 COMPLETE WORKS 」→ 2019年2月28日発売
  • 「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち -全記録集- 設定編 下巻 COMPLETE WORKS」 → 2019年3月29日発売

設定編ということなのでそれ以外のものも発売されそうですね。

OUT 宇宙戦艦ヤマト2202 特集号

伝説のアニメ誌ともいえる「月刊OUT」が宇宙戦艦ヤマト2202の特集号として1号限りの復活し2019年冬に発売と去年告知がありました。それが2月20日の発売となったようです。

OUTといえばアニメ誌というものできるきっかけとなったとも言われ、パロディや読者投稿が盛んに行われていたようですが、このOUT宇宙戦艦ヤマト特集号もそんなノリの内容になるようです。

小説 宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 第4巻

小説版の宇宙戦艦ヤマト2202の第4巻が2月28日に発売予定になっています。アニメでは語られていないお話もあるのでお互い補完するような感じで読んでおきたいですね。

アシェット「宇宙戦艦ヤマト2202 ダイキャストギミックモデルをつくる」1月末に創刊!

アシェットから「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち ダイキャストギミックモデルをつくる」が2019年1月30日に創刊です。

全長950mm(1/350スケール)で波動エンジンや波動砲・艦橋だけでなく探照灯や航行灯なども発光し、主砲だけでなくパルスレーザーや舷側ミサイル発射管・ロケットアンカー・第三艦橋のハッチも電動で動くなどギミックが満載です。

定期購読を2月12日までに申し込むと特典がついたりさらに4号以降に毎号250円追加するとケースも最終号に届けられたりします。

創刊号は299円ですが、第2号以降は1799円(ケースも希望するなら2049円)で、全部で110号まで予定されています。ということは総額がそれなりというよりかなりのお値段になりますね。これだけギミック満載のダイキャスト製であればそれだけの価格にはなるでしょう。