トピックス 宇宙戦艦ヤマト

アシェット「アンドロメダ」が宇宙戦艦ヤマトの延長として登場!

すでに1カ月前の情報となりますが、アシェットの「宇宙戦艦ヤマト2202ダイキャストギミックモデルをつくる」は110号で宇宙戦艦ヤマトが完成し、なんと延長されて111号からアンドロメダが2021年3月10日からスタートします。商品名としては「『宇宙戦艦ヤマトをつくる』延長シリーズ『前衛武装宇宙艦AAA-1アンドロメダ 1/350スケールモデル』」となります。

新たに「アンドロメダをつくる」を創刊するのではなくて宇宙戦艦ヤマトの延長として始まるというのが面白いですね。

宇宙戦艦ヤマトのときと同じ1/350スケールで、船体各部や艦橋・拡散波動砲の発光ギミック、重力スプレッドや砲塔の可動ギミック、各所のハッチ類の開閉ギミックももちろん搭載されています。

紹介動画を見ての通り発光ギミックもただ光るだけではなくて点滅したり色が変わることもわかりますし砲塔を動かすときの手の大きさとの比較からこのアンドロメダのモデルの大きさも感じ取れますね。

宇宙戦艦ヤマトのシリーズを購入していなかったとしてもアンドロメダのシリーズからの定期購入はできますからいまからでも始めることが出来ます。宇宙戦艦ヤマトシリーズの111号から170号がアンドロメダとなります。

宇宙戦艦ヤマトのオールナイトニッポンGOLDが1月15日に放送!

『オールナイトニッポンGOLD~『「宇宙戦艦ヤマト」という時代スペシャル~』が2021年1月15日(金)22時から放送されます!

オールナイトニッポンで宇宙戦艦ヤマトの番組が放送されるのは約40年ぶりです
もともとの「宇宙戦艦ヤマト」「さらば宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」「ヤマトよ永遠に」「宇宙戦艦ヤマト完結編」はオールナイトニッポンで4時間のラジオドラマが放送されました。それ以来ということになります。

メインパーソナリティは中村繪里子さんと元ニッポン放送の上柳昌彦さんで、構成・監修・脚本の福井晴敏さんと音楽の宮川彬良さんも登場して宇宙戦艦ヤマトの脚本や音楽について語る内容となるようです。

本来であれば『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』の上映開始日で盛り上がる特番のはずだったと思うのですが、上映自粛・延期となってしまったのは残念です。とはいえこの日は「交響組曲宇宙戦艦ヤマト2202」の発売でもありますから楽しみな日であることに変わりはないですね。

これまでのヤマトのことや音楽についてのほかに宇宙戦艦ヤマト2205などのお話もあるだろうと期待したいです。

※ 正確には今回放送される「オールナイトニッポンGOLD」は22時~24時なのですが、約40年前の放送は25時~29時のオールナイトニッポンでした。

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代』の上映および各種展開が延期になりました

2021年最初の更新が残念な情報になってしまいました。新型コロナウィルスによる緊急事態宣言を鑑み『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』が上映自粛し延期となりました。またそれに伴う各種展開(舞台挨拶やBlu-rayディスクの発売など)も延期となりました。

改めて上映自粛・延期に関するまとめ

  • 『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』上映延期
  • 購入済みのムビチケは延期後の上映でも使用可能
  • 上映日発売予定のBlu-ray特別限定版の発売延期
  • 上映日配信予定のデジタルセル版の発売延期
  • 前夜祭舞台挨拶中止
  • 上映記念舞台挨拶およびライブビューイング中止
  • 今後の上映予定、発売時期などは現時点で未定

新たな上映時期は未定ですが緊急事態宣言の解除時期や映画館のスケジュール作成などを考えるとかなり先になりそうです。事態が早く好転するといいですね。

『ヤマトという時代』のキービジュアル、本予告、そしてポータルサイトが公開されました!

キービジュアル公開

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』のキービジュアルが公式サイトで公開されました。宇宙戦艦ヤマト2199のスターシャと2202をテレサが共演しヤマトやアンドロメダなどを導いていくようなものになっていますね。

このキービジュアルのポスター付き前売り券(ムビチケカード)の発売も決定です。メイジャーWEBサイトで11月21日から、上映劇場では11月27日から発売です。

『ヤマトという時代』本予告公開

2199から2202までの総集編というより2199以前のことを描いた新作パートもあるので宇宙戦艦ヤマトの歴史ドキュメンタリーの雰囲気です。どのような感じになるのか楽しみですね。

宇宙戦艦ヤマト2199、2202、2205のポータルサイトオープン

「宇宙戦艦ヤマト2199」と「宇宙戦艦ヤマト2202」シリーズのポータルサイトがオープンしました。

2199は “yamato2199.net” 、2202は “yamato2202.net” と別のURLでしたがそれらの入り口でもあり今後の情報公開の場としてのサイトになるようです。宇宙戦艦ヤマト2205へリンクもすでに準備されていますね。

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』は2021年1月15日劇場上映です。

CD「交響組曲宇宙戦艦ヤマト2202」試聴PVが公開されました!

宇宙戦艦ヤマト2199、2202の音楽を担当した宮川彬良さんが1977年の「交響組曲宇宙戦艦ヤマト」を志向しながら劇中のBGMを再構成した「交響組曲宇宙戦艦ヤマト2202」の試聴PVが公開されました!

各章のタイトルもわかりそれぞれ十分な時間をとってあるのでしっかり試聴できます。またジャケットの絵も1977年の交響組曲宇宙戦艦ヤマトをオマージュしたものになっていますね。

「交響組曲宇宙戦艦ヤマト2202」は2021年1月15日(金)発売です。

できればそう遠くないうちにコンサートが開催され生演奏が聴けるといいですね。

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』の特報が公開されました!

宇宙戦艦ヤマト2202の総集編…というより人類初の月面着陸を含め宇宙戦艦ヤマト2199と2202までの話を再構成したという『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』(2021年1月15日から劇場上映)の特報が公開されました!

この『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』では新作カットがあるのですがなんと制作途中のものがいくつか含まれています。こういう画にしようかというラフ画とかCGの確認用と思われる動画とか。これらはマニア的にはうれしいですが制作が順調に進んでいるのかちょっと心配になってしまいます(笑)

ナレーションもドキュメンタリー風ですね。音楽の「艦隊集結」も新録のように感じられます。

ニュースサイトでは脚本の皆川ゆかさんのコメントも掲載されています。

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』は2021年1月15日から全国36館で3週間限定上映です。前売りムビチケも発売中。

上映日決定!『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』

劇場上映

『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』の上映日が2021年1月15日と発表されました。単なる宇宙戦艦ヤマト2202の総集編ではなく2199もさらにアポロ月着陸まで含めた壮大なものになるようです。新作カット・新規ナレーションもあります。これまで宇宙戦艦ヤマトをみたことない方もここから入るというのありかもしれません。

宇宙戦艦ヤマト2199/2202と同じくイベント上映となり全国36館での上映です。

Blu-ray & DVD

これまで同様にBlu-ray & DVDの初回限定版、通常版が発売されます。初回限定版には皆川ゆか書き下ろし短編小説と新規パート絵コンテ/シナリオ集が付きます。

  • 初回限定版 上映劇場にて2021年1月15日発売
  • 初回限定版 A-on STORE & A-on STOREプレミアムバンダイ支店にて2021年1月22日発売
  • 一般発売 2021年2月25日

配信

そしてネット配信もあります。

  • デジタルセル版 2021年1月15日正午から(スタッフオーディオコメンタリー付き)
  • レンタル版 2021年2月25日正午から

細かい情報は公式の特設サイト『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』をみてください。


どんな内容になるのか楽しみですね。そしてこの後には宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ちがあります。宇宙戦艦ヤマトの旅はまだまだ続きますね。

CD「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト2202」が1月に発売!

「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト2202」CDが2021年1月15日(金)に発売されることが発表されました。

”交響組曲 宇宙戦艦ヤマト”といえば宮川泰さんによる伝説的な名盤でありこれがヒットしたことから以後のアニメでは音楽集が発売されることになるきっかけとなったとも言えるアルバムですね。

今回宇宙戦艦ヤマト2199/2202の音楽を担当した宮川彬良さんがこの交響組曲を志向しながら新たな交響組曲として手掛けるとのこと。

収録内容は第一章~第七章+ボーナストラックということで劇場上映の形式も意識したのでしょうか。楽しみですね。

劇場上映版「宇宙戦艦ヤマト2199」「宇宙戦艦ヤマト2202」のBlu-ray BOXが3月発売!

劇場上映版の「宇宙戦艦ヤマト2199」と同じく「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」のBlu-ray BOXが2021年3月26日(金)に同時発売されると発表されました。

劇場上映版ということでそれぞれ本編全七章と上映版ダイジェスト映像という形での収録になります。
なので各章で冒頭にダイジェスト映像のあと本編という章立て構成で劇場上映の再現した見方ができますね。そして今回日本語字幕がついたのもいいですね。

ラジオ・スイート 宇宙戦艦ヤマト新たなる旅立ち-番外編- 8月12日放送

ツイッターで7月4日に放送日が発表されリツイートはしていましたが記事にしてませんでした。クローバーラジオの特別番組「ラジオ・スイート 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち -番外編-」が8月12日(水)19時から放送されます。(8月19日19時から再放送があります)

5月9日にクローバーラジオで「ラジオ・スイート 宇宙戦艦ヤマト 新たなる旅立ち」が4時間にわたって放送されました。その放送枠内に入りきれなかった話があるということでその番外編の放送が予告されていました。

5月9日の放送に入りきれなかったけれどそれはもったいなさすぎるからと番外編の放送になったのだと思いますがそれだけにどんな内容になるのか楽しみですね。

ところでクローバーラジオはあと2ヶ月ほどで停波となるようです。ラジオ・スイート宇宙戦艦ヤマトは毎年恒例の番組として続いていくのだろうと思っていただけに残念です。