宇宙戦艦ヤマト2199第七章上映時間少し短縮

8月24日から宇宙戦艦ヤマト2199第七章「そして艦は行く」が上映されますが、そのうち第25話は上映時間を一部減じることになったそうです。なお23話、24話、26話は減らすことなく通常通りの上映となり、25話のBlu-rayへの収録も減らしたものではなく通常通りのものだそうです。

十分なクオリティでの制作が間に合わなかったようですが、なんとか最終話が短くならなくてよかったです。たぶんですが第七章として間に合わないとわかった時点で26話の方を優先したんだと思います。

やはりテレビ放送は少し早すぎたんだと思います。テレビでの最終回放送が劇場最終章より先になるわけにはいかないので製作時間が短くなってしまったのでしょうから。でもこれまでとてもすばらしいものを見せてくれたので最後まで制作関係者も納得のいくいいものを見せてもらえたらと思います。

関連していそうな記事

  1. 上映日決定!『「宇宙戦艦ヤマト」という時代 西暦2202年の選択』2020年09月25日(金)
  2. 2月に3劇場で「宇宙戦艦ヤマト2202」コンサート2019 Blu-ray発売記念! 愛のフィルムコンサート開催2020年01月12日(日)
  3. 『宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち 総集篇(仮)』上映予定2019年10月15日(火)
  4. 『宇宙戦艦ヤマト2205 新たなる旅立ち』メインスタッフ発表2019年10月15日(火)